忍者ブログ
こないだ紹介した、いまオフィスのベランダでみんなで栽培中のバケツ稲。


その後の経過、気になりません?


気になりますよね?


オッケー、それでは期待に応えて、ベランダの扉を恐る恐る開けてみると…





育ってます!!

稲たちはスクスクと育っておりますo(T▽T)o♪




「い~ね~!!」byパクオくん



拍手[0回]

PR
いまワタクシのオフィスでは、ベランダで稲を栽培しております。




「い~ね~♪」byパクオ君





このバケツ一杯で、お茶碗一杯分のコメが収穫できるらしい。



ちなみにこうした栽培を身近でやることのメリットとしては、

①農家の人の気持ちがわかる。(鳥、虫、台風、病気などなど)
②食べ物のありがたみがわかる。
③苦労したぶんだけご飯がウマい。
④なんとなく地球に優しいことをした気がする。
⑤一緒に取り組む仲間と「イネ」をネタに朝まで語り合うことができる。
⑥いつか自給自足ができるようになる…かも知れないと淡い期待を抱くことができる。
⑦バケツの新たなニーズを生み出すことができる。
⑧火災時に火を消すことができる…かもしれない。
⑨室内の温度が下がる…かも。


こんなところだろうか?




…うーん、まぁ難しいハナシは置いといて、秋の収穫が楽しみですな~!



kaigoman

拍手[0回]

午前中、チャイブ君に太陽光をたっくさん浴びてもらったら、もうこんなに育ちました♪



わかってても、植物ってスゲ~!



しかもチャイブって、半分に折れ曲がった状態で発芽して、ある程度伸びて頭の先が地面から出たらまっすぐに伸びるんだね!



…でも実はそれに気づくまで、早くも折れちゃったかと若干凹んでました。笑



以上、二日目レポでした!



kaigoman



拍手[0回]

前日までの肌寒い雨がピッカピカに晴れ上がった土曜日。
U-Project 初の『田植え体験ツアー』を開催しました!

昨年の「湾岸まるごとごみ拾い」において、九十九里地区をまとめ上げてくださった、
特定非営利活動法人TINA、いなか日記の理事長、秋葉さんのご協力により、
今回の田植えツアーが実現しました!

秋葉さんの活動の詳細はこちら!

おこめナビ

いなか日記

今回参加したのは、毎月浦安市でごみ拾いに協力してくれているU-Projectのメンバー
総勢25名! 浦安駅・新浦安駅を出発し、バスは一路横芝光町の“コテージ&ペンションNANじゃMONじゃ”を目指します。


事務局長自らの運転で、出発~!

 

5.9.09田植えの様子
参加 KIDSと、遠目で見たら子どもと一緒のサイズのちぃちゃん。
 

途中渋滞に巻き込まれるも、無事到着!


スタッフの皆さんに迎えられ、いよいよお餅つきの始まりです。

5.9.09田植えの様子

赤糯米という古代米を使い、餅つきを体験します。

赤糯米について
玄米が赤いもののうち、もち種のものをいう。今ではお赤飯には小豆が当たり前だが、
元来この赤糯米でつくっていたらしい。いつものお赤飯より、2ランク上の上品なお赤飯になる。
《いなか日記パンフレットより》

5.9.09田植えの様子

つきあがったばかりのお餅を、いただきまーす!!

5.9.09田植えの様子

おいしいお餅をいただいたら、いよいよお待ちかねの田植え体験です!

軽トラックの荷台に乗り、近くの田んぼに移動します。

5.9.09田植えの様子

田植えは一年のお米の収穫を決める大切な工程とのこと。
長いロープを張って植える「横網植え」を体験します。

裸足になって田んぼの中に入ります。
ギャーギャー騒ぐギャル、すでに泥まみれの子どもたち!

5.9.09田植えの様子

両手を伸ばして間隔をあけて、横一列で並びます。 説明を受けて、いざ、田植え体験スタート!
 

<苗の植え方>
1.苗を1~2本、利き手で根っこをはがし取ります
2.苗の根っこの一番上を鉛筆を持つように持ちます
3.植える位置は、ロープの目印の奥
4.植える深さは、2~3cm、大人の指の第二関節くらい
5.一列で一人の植える回数は、大人5~6回、子供3回
 

全員が一列植え終わったら、ロープを持って2歩下がります。 
1ヶ所の植え忘れは、お茶碗1杯の損になりますw


子どもたちは田植え中、カエルちゃんを捕まえるのに必死!
左手にカエルちゃん、右手に苗で大忙し!

 

腰を曲げて苗を植えるのは、やっぱりきついですね。
お腹がつかえてふぅふぅ、腰が曲がってイタタ・・・
あちこちからいろんな声が聞こえます。笑

 

半面終わったら、田んぼの端を歩き反対側に移動します。
みんなで声を合わせ、心を込めて苗を植えていきます。

今では全て機械で行っているものの、昔はこの作業を農家の方が全て手で植えていたんですね。

自分でやってみて、その大変さを知りました。 
田植え体験を通じて、ますますお米が好きになりますね!
 

全て植え終わってから、みんなで集合写真!

5.9.09田植え残された大人たち




これから梅雨を向かえ、苗がすくすく育ち、夏の暑い太陽の下で青々と背を伸ばし、
秋には黄金色の美しい実をつけることでしょう。 秋の収穫が楽しみですね!




 

コテージに戻ったら、泥を洗い落とし、お世話になったスタッフの皆さんにお別れをして、
次はビーチクリーンです!

5.9.09田植とビーチクリーン

5.9.09田植とビーチクリーン

27℃まで上がったこの日は、水温もだいぶ上がっていたので、早速過激な!?
水遊びが始まりました!

 

遊んだ後はみんなでごみ拾い!

ビーチに持ち込まれたいろいろなごみを拾いました。
コンビニのビニール袋、空き缶、花火、ペットボトル・・・

近くにいたサーファーの皆さんも一緒に拾ってくれました^^

 

こちらの浜では、夏にカメが産卵に訪れるとのこと。
ふ化したカメの赤ちゃんが海に戻るのに、ゴミが邪魔しては大変。


拾ったゴミの量:軽トラック1台満載分!

 

最後にみんなで約束のポーズ。
未来の子どもたちに、この美しい海が残されますように!

5.9.09田植とビーチクリーン

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました!
みんなで植えたお米がすくすく育ちますように!


収穫祭は9/19です♪



■協力:
株式会社ダイム
“コテージ&ペンションNANじゃMONじゃ


Report: BIGMAMA

拍手[0回]

カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1
8
23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]